初の完組ホイール

 通勤用のバイクは何年か前に側溝の蓋にはまってフロントホイールぶっ壊した。 いい加減古いバイクでもあるし、高級なホイールを使うのもなんか無駄な気がしたので、ハブはそのままでアラヤのRM540を星のスターブライトで組みなおした。 ちなみにずっと使っていたのはマヴィックのOPENリムとDTコンペティションスポークの組み合わせで、これがおっそろしく頑丈で調整しなくてもほとんど振れが出ない安心と信頼の組み合わせであるのだが、予算の都合もあり前述の組み合わせにしたのである。 

ちなみに星は国産スポークで一番信頼性が高い奴で決して悪い組み合わせではないはずなのだが、ホイールを買い替えてから今までのうちに何度かスポーク破断の憂き目にあった。リアはマヴィック+DTの組み合わせのままなのだが、今んとこ相変わらずそういうトラブルはないのでやっぱり耐久性はマヴィック+DTの組み合わせのほうが上なんだろうなあと判断せざるを得ない。

んで、先日記憶にある限り3度目くらいのスポーク破断が起きた。自分の体重が増えたことと、お買い物用のママチャリが完全にぶっ壊れてしまい(経年劣化でフレームが折れた)、重い荷物(牛乳とか米とか)を背負って業スまで走っていくことも増えたので余計にダメージが蓄積されたのだと思うが、さすがに3回目となるとまだ破断していない他のスポークもいい加減限界にきている(実際目に見えて変に曲がってるのがある)ことが予想されるので、全部張り替える事を考えなければならない。

 ところがまあこれだけ乗っているともうリムの方も歪みが出て買い換えないといけないかもしれんし、そうでなくても張替の工賃だけでも高くついてしまうらしいので、今回初めて安価な完組ホイールというやつを購入してみた。

購入したのはシマノのR-501というやつで、20本スポークのラジアル組。28本スポークのチネリ組みに慣れていると見た目スカスカでちょっと頼りなげな気がするのだが、まあこの値段だったら3年持てばええやろと納得することにした。



最近めっきり遠ざかっているが、次のお出かけの時にはちょっと遠乗りして性能を確かめてみたい。
スポンサーサイト

ペダル交換

先月あたりからゴリゴリ音を立ててヤバそうだったのでママチャリのペダルを交換した。
最初についていたものも入れれば、なんと4つ目になる。 たかがママチャリでペダルを3回も交換する奴もそうそうないだろう。

最初に交換したのは、クランク交換と同時に食いつきのいいペダルにしたくて導入したウェルゴのペダルだが、それが3年もたずに壊れてしまったのだった。 その後廃車MTBから引っぺがしたペダルを取り付けていたのだが、そいつがついに寿命になったのである。 ボックスレンチで分解してグリスアップでもしとけばよかったのだろうが、回転系は自分でバラすと取り返しがつかないことになりそうだったので敬遠していたのだった。 結局、大学時代に乗っていたGTテクエスタのBB同様、バラしてグリスアップしなかったからベアリング球が潰れて取り返しがつかないことになったのだが・・・。


んで、今回は
・そこそこ食いつきがよく
・シャフトの回転も鈍くなく(安物はもうハッキリわかるくらいベアリングの精度が悪かったり、酷いのになるとちゃんと既定の数のベアリング球が入っておらず、最初からゴリゴリして滑らかに回転しなかったりする)
・トゥクリップがつけられる

事を条件に選んだ。 後からグリスを再注入できるタイオガ・シュアフット6があればと思ったが、仕事場の近くのY's Roadでは目当ての物は置いておらず、手っ取り早く一番安いYsオリジナルの逸品シリーズを購入した。トウストラップを通す穴が開いてないが、使うのはどうせハーフクリップだしまあいいだろう・・・

P1110501.jpg


で、購入後にアマゾンでなんとなく検索したら、VPから全く同じものが出ていてこれはそのOEM品なのだった。



Y's Roadで購入したものは2000円切ってたんだが、どういう事なんだこれ。

スプロケットとディレイラー交換

 こないだの横浜あたりから顕著になったが、たびたび変速不良を起こすようになった。

 いくら耐久性の高いデュラエースとはいえ22年も毎年5000㎞近く走ったらさすがに限界だろうということで、ついにスプロケットとディレイラーを交換することにした。 とはいえこの22年の間に度重なるモデルチェンジで下位グレードのTIAGRAやSORAも9段ギアになってしまったため、もはや8段対応のロードコンポーネントはアーバン・ツーリング向けのClarisのみとなってしまっている。 このバイクでレースに出ることもないし、日常使いがメインなので選択肢に悩まなくていいのはいいかもしれない。 というか、フレーム自体非常に薄いタンゲ・アルティメイト・ウルトラライトなのでヘタリもかなり進んでいるし、次にどこかのコンポが壊れたらさすがにフレームごと処分することになるだろうからまあこんなもんでいいだろう。

   
 ディレイラーのほうはカタログの商品写真とは違って「シルバー」でもガンメタっぽい色になっていた。

 んで、いつもバイクを見てもらっている駒沢公園隣のサイクルセンター・エノモトにお願いしたのだが、日本のBMXシーンを支えてきたこの名店も店主のおっちゃんの高齢化もあって(以前から老眼が進み作業がかなり辛そうだった)いよいよ閉店となるらしく、このギア交換が最後の注文になりそうだった。 今後は体調がいいときだけ不定期に開けて修理だけを受けるとのことだが、新車のパーツアッセンブリからポンコツ車の部品交換まで色々をワガママを聞いてもらったお店が気楽に使えなくなるというのは実に困った。 浪人生(19の時)に大学入学に合わせGT・テクエスタを購入して以来、MTB二台、ロード一台、ホイール4つを組んでもらったわけだから、自分も悪くない客だったとは思うが。

 今後はそうそうワガママ聞いてもらえる店もないし(自分のところで売ってないバイクを持ち込まれるのもあまり面白くないのが人情だろう)、自分で修理の腕も磨かんとなア…。相変わらずホイールの振れ取りがダメなのはなんとかしないといかんのだが。


20年目のビアンキ 小破を繰り返してこうなった

年末たくわん購入ポタリングで自己流改造したブルホーンバーを折ってしまい、新しいのを買う気も起きないので結局以前乗り潰したMTB用のフラットバーを移植することにしたのは年末のエントリーの通りです。

で、注文したフラットバー用のサイドプルブレーキ対応レバーが届いたのでようやく移植完了しました。

 ちなみにブレーキレバーはオマケにワイヤーもついていて、これはママチャリに使うことにしたのですが、既に前用後ろ用と長さを切りそろえてあるのに気付かずに後ろ用(長い)ワイヤをバチーンと前用に切断してしまうという大ポカ。 何やってるんでしょうねえ・・・。


それはともかく、これが20年酷使し、あちこち壊れるたびに安物部品で凌いだ末の現在の姿です。
やはり頻繁に使うブレーキレバーが一番消耗するようで、購入時についていたものから数えてなんと5つ目! ちなみにレバーはシマノ フラットバーシリーズ ブレーキレバー BL-R550-Sってフラットバーロード用のいっちゃん安いのですね。当初テクトロの予定でしたがメーカー在庫もないためこれになりました。
グリップはI Liveというメーカーのもの。なんかサーティーワンアイスのチョコミントを思い出させます。 ちなみに現在右のビンディングペダルもかなりやばいことに。

bianchi1.jpg

bianchi2.jpg

その場その場で安いパーツをつけるのではなく、もうちょっと長期的視野に立てば買い替えも少なかったのではないかというのが正直なところです。

最初にデュアルコントロールを破損した際にWレバーと通常のブレーキレバーにしたのは仕方がないとして、ツーリング用途に転用、ブルホーンバーにしてから、ワイヤーをインナー化したのが最大の疑問点かもしれませんね。

ケーブルのインナー化では
*ハンドル周りがすっきり
*ハンドルを握りやすい

というメリットがあるのですが、デメリットとして

*ワイヤーの取り回しに無理があって引きが重い
*ワイヤー交換が面倒
*接触・転倒などでレバーがずれると容易に修正できない
*ハンドルの耐久性がガタ落ち

がありました。これはやってみるまで判らなかったのですが、分かった以上今後やることはないでしょ。 ちなみに市販のブルホーンハンドルでもかつてはケーブルをインナー化するために穴の開いたものが有ったのですが、メーカーが穴を空けたものでもやはり耐久性の低下は避けられなく、破損のトラブルは時おり報告されていため廃れたようです。

ブルホーン化のときにワイヤーの取り回しや使い勝手、メンテナンス性のことを考えた場合、ツーリング用と割り切るのならばギドネットレバーがベストな選択肢だったのではないかと今は思っています。



 当分この形で落ち着くと思いますが、スプロケットやホイールが限界に来たときは9速のBLUEから移植することになると思うので、その時にはまたハンドル交換? ですかね。その時は昔の少年用自転車よろしく、セミドロップバー(マスターシェ・バー)にするのもありかな。






テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

ブレーキレバー交換!

 以前、ハンドルバーにドリルで穴あけしてワイヤーをバー内蔵に改造したことは書いた。

が、あれでも若干ワイヤーの取り回しに無理があったようで、ビミョーにレバーの引きが重く、特にフロントはリリースが鈍くしばしば半効きのまま・・・みたいなことがあった。 

で、最近レバー自体カバーゴムが劣化してきたこともあり、カバーゴムだけ交換するのもなあ・・・ということでブルホーンバー内蔵ワイヤ用のブレーキレバーに購入してしまうことにした。

購入したのは TEKTROのTL720



現在のままだとレバーを握りにくいため、ハンドルバーをさらに3cmほどカット。 最初にあけた穴は切り離されてさようなら。

 まずインナーを通し→ステム近くにあけた引出し用バーの穴にピンセットを突っ込んでインナーワイヤーを取り出す→それからアウターをハンドルバー内に挿入・・・というプロセスが必要で面倒くさいことこの上なかったが、完成したら見栄えはいいし、ブレーキの効き、リリースともシャープで引きも軽くなったので満足!

ブレーキ1

ブレーキ2
プロフィール

piccoli

Author:piccoli
 自転車、釣り、スノーケリングにハイキングとアウトドア遊びばっかしてる不良中年です。 主な出没地域は三浦湘南、真鶴に奥多摩周辺。 

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
リンク
フリーエリア
にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへ にほんブログ村 マリンスポーツブログへ にほんブログ村 マリンスポーツブログ シュノーケリングへ
RSSフィード