スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々に熱海へ

最近遠乗りしていなかったので久々に熱海まで走ってみた。
ところが出発直後にグレーチングの隙間にはまって前後輪同時にパンク。予備チューブは一個しかなかったのでいったん家に帰り交換したため、1時間近くロスしてしまった。

今回は境川サイクリングロードで南下、そこから海岸沿いに熱海を目指す。 茅ヶ崎あたりで海沿いのサイクリングロードに出たが砂がかぶっておりこれは完全に失敗だった。

Honeyview_P5060590.jpg

天気は良いかと思ったのだが、磨りガラスのように薄っすらと雲がかかっており今一つ意気が上がらない。 地表近くも靄がかかっているのか富士山もぼんやりしかすんでいる。 

ブランクが長いせいか足も完全になまっており抜かれることはあっても抜くことがない。 天気のようにどんよりした気持ちになりながら大磯、国府津、小田原へと走っていく。時に降り出しそうな厚い雲になったかと思うと雲が切れ太陽が出てきたりして一喜一憂させられる。 

ところで当初の予定では大磯か小田原で昼食をとる予定だったのだが、最初の一時間のロスのせいで完全に予定が狂ってしまった。小田原に到着したのが午後二時で、これではのんびり飯を食っている余裕はない。 カロリーバランスとエナジーゼリーで腹をごまかし、そのまま真鶴方面へ向かう。

お気に入りの旧道(鉄道沿いのワインディングロード)をこなしつつ、お土産用にオレンジを購入。 この辺はみかん畑が多く即売所が道路沿いにいくつもあるのだが買うのは初めて。試食用につまんだ奴がなかなかおいしく期待できそうだ。

P5060597.jpg
旧道より岩海岸を見下ろす

 荷物も増えて重くなってしまったので真鶴で走行を打ち切り、そこで飯ということも考えないではなかったが、これまで利用していた朝漁亭は店主の体調不良で閉店してしまったし、漁協の食堂も土日祭日ではいつまで待たされたり材料不足の憂き目にあうかわからない。というわけでここは通過。

P5060599.jpg
湯河原

P5060600.jpg


 さらに湯河原を通過し、リゾートホテルやリゾマンの林立する熱海へと下っていく。 この辺は以前は廃墟化してどうにもならなくなってしまった感があったが、どこのだれが考えたものか、老人介護施設として転用される例も増えてきたようだ。 眺めは良いし、悪くないアイデアだとは思うが、目が飛び出るようなお金がかかりそうだ。

市街ではなくまず海岸線に出るが、バブル崩壊後の熱海低迷の傷跡は思いのほか大きかったらしく、前回は違うルートのため目にすることはなかったが解体されたと思しき建物の土台が其処此処にむき出しになっている。

Honeyview_P5060604.jpg

P5060607.jpg

それだけならまだいいのだが、つるやホテルの跡地がひどいことになっていた。 廃墟化して長年問題になっていたところがようやく解体され新たにショッピングモールとして生まれ変わるはずだったのだが、開業前年に事業主が破綻してしまい、新品ピカピカのでかい建物が即廃墟化というシャレにならない事態になっていたのだ。 よりによって貫一お宮の像の真ん前である。


P5060608.jpg


P5060615.jpg
(ノ∀`)アチャー

廃墟マニアにはたまらない物件だと思うが、観光地としてこれはちょっとなあ、と思いつつ、貫一お宮のダイナミックな蹴りの像を写真に収めた。 熱海は自転車のほかに友人とのドライブで何度か通過したはずだが、この像をちゃんと見たのは今回が初めてなのだった。

商店街の方へ向かい、お土産本命の干物店を探す。本当は真鶴の漁協が味よし値段よしでベストだったのだが通過してしまったのではここで買うしかない。蒲鉾で有名な鈴廣の支店でも干物は扱っていたりするし、店構えも立派なお土産店もあるのだが、どうもそういうところはそそるものがないので商店街や熱海七湯をぶらつきつついろいろと見て回る。


P5060612.jpg
ダイナミックヤクザキック

P5060617.jpg
河原湯

P5060619.jpg
大間間歇泉 オールコックの愛犬トビーはここで熱水を被って死んでしまった。


P5060625.jpg
小沢の湯 ここでは蒸気で温泉卵を作れる


商店街を回っているうちに、あまり飾り立てていない、昔ながらのジジババがやっていそうな干物やがあったのでそこで購入。カマス2、アジ3、エボダイ3入って2000円以下ととちょっと安すぎる気がしたがまあいいだろう。 一応地元の魚(お隣の網代港)であるようだし。 

お土産購入が済んだらまた一段と腹が減ってきてしまったが、時間はもう4時なのでランチタイムはとっくに終わり、かといって夕食には早すぎで準備中の店がほとんどである。営業していても明らかに新興な見た目のお店は入る気がしないので敬遠していくともう食えるような店はほとんどない。 結局揚げ物・練り物屋の店頭で売っている、棒天(チーズ棒)を購入して腹をごまかすことにした。 これは結構なサイズでそこそこ腹にたまったが、ちゃんとした飯を食う前につまむのははやめた方がよさそうである。

P5060628.jpg

小腹も膨れたしお土産も買ったしでは最後に足湯にでも浸かって帰るか、と熱海駅前に向かったたところ・・・

image.jpg


足湯は4時で終了しお湯を抜かれてしまうのであった!!

スポンサーサイト

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

初の完組ホイール

 通勤用のバイクは何年か前に側溝の蓋にはまってフロントホイールぶっ壊した。 いい加減古いバイクでもあるし、高級なホイールを使うのもなんか無駄な気がしたので、ハブはそのままでアラヤのRM540を星のスターブライトで組みなおした。 ちなみにずっと使っていたのはマヴィックのOPENリムとDTコンペティションスポークの組み合わせで、これがおっそろしく頑丈で調整しなくてもほとんど振れが出ない安心と信頼の組み合わせであるのだが、予算の都合もあり前述の組み合わせにしたのである。 

ちなみに星は国産スポークで一番信頼性が高い奴で決して悪い組み合わせではないはずなのだが、ホイールを買い替えてから今までのうちに何度かスポーク破断の憂き目にあった。リアはマヴィック+DTの組み合わせのままなのだが、今んとこ相変わらずそういうトラブルはないのでやっぱり耐久性はマヴィック+DTの組み合わせのほうが上なんだろうなあと判断せざるを得ない。

んで、先日記憶にある限り3度目くらいのスポーク破断が起きた。自分の体重が増えたことと、お買い物用のママチャリが完全にぶっ壊れてしまい(経年劣化でフレームが折れた)、重い荷物(牛乳とか米とか)を背負って業スまで走っていくことも増えたので余計にダメージが蓄積されたのだと思うが、さすがに3回目となるとまだ破断していない他のスポークもいい加減限界にきている(実際目に見えて変に曲がってるのがある)ことが予想されるので、全部張り替える事を考えなければならない。

 ところがまあこれだけ乗っているともうリムの方も歪みが出て買い換えないといけないかもしれんし、そうでなくても張替の工賃だけでも高くついてしまうらしいので、今回初めて安価な完組ホイールというやつを購入してみた。

購入したのはシマノのR-501というやつで、20本スポークのラジアル組。28本スポークのチネリ組みに慣れていると見た目スカスカでちょっと頼りなげな気がするのだが、まあこの値段だったら3年持てばええやろと納得することにした。



最近めっきり遠ざかっているが、次のお出かけの時にはちょっと遠乗りして性能を確かめてみたい。

ペダル交換

先月あたりからゴリゴリ音を立ててヤバそうだったのでママチャリのペダルを交換した。
最初についていたものも入れれば、なんと4つ目になる。 たかがママチャリでペダルを3回も交換する奴もそうそうないだろう。

最初に交換したのは、クランク交換と同時に食いつきのいいペダルにしたくて導入したウェルゴのペダルだが、それが3年もたずに壊れてしまったのだった。 その後廃車MTBから引っぺがしたペダルを取り付けていたのだが、そいつがついに寿命になったのである。 ボックスレンチで分解してグリスアップでもしとけばよかったのだろうが、回転系は自分でバラすと取り返しがつかないことになりそうだったので敬遠していたのだった。 結局、大学時代に乗っていたGTテクエスタのBB同様、バラしてグリスアップしなかったからベアリング球が潰れて取り返しがつかないことになったのだが・・・。


んで、今回は
・そこそこ食いつきがよく
・シャフトの回転も鈍くなく(安物はもうハッキリわかるくらいベアリングの精度が悪かったり、酷いのになるとちゃんと既定の数のベアリング球が入っておらず、最初からゴリゴリして滑らかに回転しなかったりする)
・トゥクリップがつけられる

事を条件に選んだ。 後からグリスを再注入できるタイオガ・シュアフット6があればと思ったが、仕事場の近くのY's Roadでは目当ての物は置いておらず、手っ取り早く一番安いYsオリジナルの逸品シリーズを購入した。トウストラップを通す穴が開いてないが、使うのはどうせハーフクリップだしまあいいだろう・・・

P1110501.jpg


で、購入後にアマゾンでなんとなく検索したら、VPから全く同じものが出ていてこれはそのOEM品なのだった。



Y's Roadで購入したものは2000円切ってたんだが、どういう事なんだこれ。

恒例の年末たくあんライドが・・・

ぎっくり腰以降、左足に妙なしびれと張りが残ったこともあって長い間自転車はご無沙汰だったのだが、さすがにこれだけは外すわけにはいかぬ・・・ということで、年末恒例の三浦海岸へ海岸天日干し大根の浅漬けたくあん購入ライドへ向かった。

さすがに半年以上ブランクがあると足は完全に錆びつきペースも上がらない。 久里浜駅から野比海岸に出るまでの坂も何度も止まって押しが入る始末であった。 衰えとは悲しいものである。

そしてしばらくこちらに足を延ばしていない間に、野比~津久井浜の辺りもだいぶ様子が変わっていた、砂浜の浸食が激しくなっているせいか、以前駐車場のようになっていたところがざっくりと崩落している。

Honeyview_PC290471.jpg

Honeyview_PC290473.jpg

川をコンクリ張りにして砂が供給されなくなったので各地の砂浜が痩せたりざっくり崩落が起きたりという話を聞くが、身近でもだいぶ深刻な事態になっているようだ。 この辺もそのうち無粋な消波ブロックが積まれてしまうのだろうか。


 予想以上に時間がかかって三浦海岸に降り立つと、いつもびっしり干してある大根はだいぶ取り込まれており、ぶら下がっているのはわずかだった。 ちょうど次の新しい大根を干すまでの間に来てしまったらしい。とりあえず目当ての須原農園に到着したところで悲劇は起こった。

PC290474.jpg

60km以上走ってきて買いに来た人間に何という仕打ちであろうか。 しかしここで買うようになってからこういうのは初めてである。去年はどん詰まりもいいところの30日だったのに余裕で買えたのに今年はいったいどうしたことか。  全身の力が抜けるようなショックを受けたが、まだ買わねば行かぬものはある。気を取り直して坂を上り、引橋の三叉路を折り返していつも買っている農産物の直売所で大根を買うのである。 坂を下りた先にあるすかなごっそ(農協の直売所)で買えばいいと思うのだが、こっちのほうがおもしろい作物も多い。



が、こちらも三浦大根は豊富にあったのだがサラダに良い紅くるりや青皮紅芯はほとんど残っていなかった。  直売所の兄ちゃんによると、、昨日(12/28)から三崎でまぐろ祭り年末ビッグセールをやっており、結構な数のドライバーが国道134号を通ってついでに買っていったようなのだ。 なるほど、たくあんもそれで売り切れてしまったのかもしれぬ。

 不満はおおいに残れども、たくあんが売り切れた理由を解明してなんとなくスッキリして坂を下っていく。 そして普段はもう重さに耐えかねてスルーしてしまうすかなごっそにもちょろっと寄ってを冷かしていくのであった。タコブツなど良さそうなものはあるにはあるのだが、年末年始に食いきれなさそうだし冷蔵庫の容量も限界なので、ここは何も買わずに撤収。 

PC290483.jpg
相変わらずフォトジェニック立石

PC290484.jpg
休日には駐車場が埋まり順番待ちの車列ができるほどだった人気輸入雑貨店のGRANT。去年の秋に閉店して以降ずっと空き家になってしまった

今回は腰と左足の負担も大きいので自宅まで自走せず、片瀬江ノ島駅で自転車を分解し輪行するのだが、よりによってフレームに結ぶ肩掛けバンドを忘れるという大ポカをやらかし、最後の最後まで担ぎで大変な思いをするという何とも締まらないエンディングであった。

この日の走行で完全に体を冷やしてしまったか、たくあんを買えなかったショックが体に来たか、翌日から結構な風邪をひいてしまった。まったく何をやっておるのか。

久々にナチュラルリザーブへ

暑くなってきたし、そろそろ海かなということで葉山へ。
2か月前からぎっくり腰(椎間板ヘルニアっぽい)で腰が痛く足も痺れるので自転車で自走という無茶はしないで電車で向かった。
電車で行くなら真鶴のほうがいいのだが、ここ数ヶ月金欠がひどく、差額の1000円すら惜しいのである。ああ情けない。


そんなわけで京急フリーパスで降り立った新逗子、バスは超満員のため臨時増発便が出たが、それも途中で入りきらなくなった。夏休み最初の土曜、当たり前である。ところが大半は森戸海水浴場か一色海水浴場が目的地のため、自分が潜る芝崎(真名瀬バス停)で降りる人は自分を含めて二人だけだった。

真名瀬の公衆トイレで着替えてから、灼熱の太陽の下ナチュラルリザーブへ向かう。階段手前にはオマワリが目を光らせていた。密漁の監視か、はたまた車上荒らしへの警戒か・・・。

P7220304.jpg


とりあえずウェットスーツを着用し、海へ飛び込む。 水温はかなり高く、ウェットはいらなかった。そして間抜けなことに、少し岸から離れてある程度の深みまで来てジャックナイフで潜ろうとしたところでウェイトをつけていなかったことに気付いた。何をやってんだか。

 今更取りに戻るのも面倒くさいのでそのまま進んでいくが、夏なので当然のことながら透明度は低い。 おまけにどうしたことかムラサキウニがめったやたらと転がっている。ガンガゼじゃないだけまだましだが、うかつに浅場に腹ばいになれないし、うっかり岩もつかめない。 そのうえ突先(鮫島)のほうへ進むごとに濁りがひどくなってきた。

 結局引き返し、エントリーした場所に近いほうでちゃぱちゃぱと楽しむことにした。 地下水の湧出する場所があるのか、濁りが少なく水温がやや低い場所があり、そこなら多少視界が利くのだ。 

 やはり真鶴に比べると透明度の点でビハインドがあるが、採集が禁止されているだけあって貝は豊富でサザエがどっさり生息しているのはなかなか素晴らしい。 ここで育った貝から生まれて孵化した幼生が泳ぎ出してあちこちに定着して増えていくとよいのだが・・・。最も自分はそれほどサザエが好きというわけではないのだけど。


 で、本日の収穫はというと、魚は少なかった。
いや、いるにはいるのだが、濁っていてシャッター切ってもピント合わないし、プランクトンの反射がひどいのよね。
そんなワケで撮れたのはこのくらい。

P7220305.jpg
タカッパ

P7220316.jpg
トウゴロウ

P7220325.jpg
アオヤガラ

P7220330.jpg
アオヤガラ

P7220342.jpg
アオウミウシ

P7220344.jpg
キヌバリ

P7220366.jpg
ハコフグ

P7220371.jpg
カエルウオ

P7220384.jpg
3匹まとめてアオウミウシ
 


tag : スノーケリング

プロフィール

piccoli

Author:piccoli
 自転車、釣り、スノーケリングにハイキングとアウトドア遊びばっかしてる不良中年です。 主な出没地域は三浦湘南、真鶴に奥多摩周辺。 

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
リンク
フリーエリア
にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへ にほんブログ村 マリンスポーツブログへ にほんブログ村 マリンスポーツブログ シュノーケリングへ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。