FC2ブログ

解禁初日の芝崎ナチュラルリザーブへ

防波堤の補強工事のため長らく閉鎖中だった芝崎のナチュラルリザーブが本日より解禁!
さっそく行ってきた

残念ながら結構な濁りの上ウミウシちゃんには会えなかったが、そこそこ楽しめた。
一尾だけだがはぐれツノダシに遭えたのは収穫

P8010873.jpg
ピッカピカの改修防波堤+階段入り口

P8010876.jpg
一応ソラスズメがいる

P8010880.jpg
オジサンの群れ

P8010901.jpg

P8010905.jpg
クロダイ 光の加減で水中ではちゃんとピントが合ってるかわからない・・・

P8010921.jpg
コケギンポ 顕微鏡モードを使ってみた

P8010928.jpg
イシダイ&キュウセン
スポンサーサイト

初めて川奈で潜ってみる

 芝崎のナチュラルリザーブが8月まで入れないので、それまでの間に新しいところに行ってみる事にした。

第一候補はかつて利用していたOD BOX(倒産した)のダイビング部門・AQUAQUが講習に使っていた富戸。 ここは漁協がダイビングサービスも行っており、夏の間だけスノーケラーに開放しているとのことで、以前から気になっていた所だった。
これまでは小田原でJR東海道線に乗り換え、熱海でさらに伊豆急伊東線に乗り換え・・・と交通費も移動時間も膨れ上がるのでちょっと敬遠していたのだが、この超猛暑ではもう行くしかないな!と数年来の宿題を片付けるべく富戸への遠征を決定した。が、富戸ダイビングサービスのサイトを見てちょっと気になることを見つけてしまった

今季の一般スノーケルの受け入れ期間は7/14(土)~9/14(金)です。
2名様以上、ウエイトなし、ライフジャケットまたはウエットスーツ等浮力のあるもの着用
決められたエリア内で遊泳が受付条件です

http://www.izu-ito.jp/futo/

ん?これひょっとしておひとり様NG?と、念のため電話して確認したら、海保からの指導で事故防止のために単独での利用はオコトワリしているらしい。

とりあえず平日にこの暇人にお付き合いしてくれる人間はそう簡単には見つからないので行先を変えるしかない。では、と富戸に近い場所で第二候補を探したところ、同じく伊東市の川奈か城ケ崎ということになるのだが、とりあえず近い方ってことで川奈に決定。
暑さでよく眠れず眠い目をこすりながら朝6時30分の小田原行きに乗りこんだのだが、やはり寝ぼけていたのか、また電車に乗る直前にグローブ(軍手だけど)を忘れたことに気付いた。

 しかしまあ今日はゴロタ浜で真鶴や芝崎みたいな磯じゃないらしいからまあええやろ、と全面的にだらしない心構えで行く。 朝もはよから乗客は多く、小田原まで座れなかったので少し転寝しようという目論見は外れてしまった。 そしてまだ目もトロンとしているうちにJRに乗り換え、いつもなら降り立つ真鶴。を通過。 手前の根府川あたりで海が見えるが、前日の予報では波高2m、うねりを伴うとなっていたのがベタ凪で一安心。 熱海でさらに伊東線に乗り換えるが、乗った車両がいわゆる「リゾート21」という特別海向きシートの車両なのであった。 これはビールとポテチで一杯やりたくなってしまう。

2100系(リゾート21)

P7230759.jpg


これですっかり心ウキウキになり、いっそのこと下田まで行っちゃおうかなア、などと馬鹿なことを考えたのだが、当初の予定通り川奈で下車。 駅前にはこの辺では数少ないスーパーである東急ストアがあり、クーポン券の配布があるためか開店前から地元のおっちゃんおばちゃんが列をなしていた。こういう普段は見られない光景を目にするのも新しい場所に遠征する楽しみの一つと言ったら言い過ぎだろうか。

 ここに来るまでにすっかり喉が渇いてしまったので自販機のソーダでのどを潤し、バス停に向かう。 海岸方面に向かう下り線のバス停は駅から少し離れており、あんまり待つようだったら歩いて行っちゃおうかなどと思ったのだが、それほど待たずにバスは到着。予算不足かPASMOに対応していない旧式の精算機であった。小銭を大目に用意しておくか、乗ったらすぐに両替しておいたほうが良いだろう。ちなみにスノーケリングポイント最寄りのバス停であるいるか浜バス停までは170円である。

 割とすぐにいるか浜に到着。平日とはいえこのクソ暑さでは海に逃げるしかないのか、いるか浜は家族連れでそこそこ盛況。 ここの公衆便所でトイレがてら着替えをすまし、歩いて川奈海水浴場の方へ向かう。
こちらはゴロタ場のせいもあってびっくりするほど人がおらず、やや寂しい雰囲気。 それでも道路沿いには海の家があり、プレハブの監視所にはライフセーバーが一人待機している。

P7230769.jpg

 ライフセーバー氏に挨拶をし、柔軟で体をほぐしたらさっそく海に入る。 水温は25度とのことだが、波打ち際は冷たい!が、不思議なことにそのまま進んでいくとホンワカと水はぬるみはじめ、この灼熱の気温で火照った体にはまことに心地よい。

P7230773.jpg
ゴロタ

 事前に聞いていたようにゴロタ石が続くやや単調な地形なのだが、うれしい事に透明度は明らかに葉山や真鶴より高い。 濁って視界が聞かないと恐怖感が増すが、カラフルなサンゴや明るい砂地底でなくてもこれくらい透明度があるとかなり安心感が増す。
魚も見た限りそれほど種類は豊富そうではないが、ネンブツダイとスズメダイだけは豊富に泳ぎ回っており、なんだか「メニューは少ないですが精いっぱいお客様をおもてなしします」と言われているような気分。 それならこちらも意気に応えてできるだけ魚種を確認してやろうじゃないの。

Honeyview_P7230829.jpg



少し油断しているとワッとスズメダイに囲まれて逆上してしまうのでなかなか進まないが、とりあえず目に付くのはメジナやイスズミ、タカッパといった定番地味子だが、ここはでっかいニザダイ(通称サンノジ)が多い。どちらにしても食ってもいまいち美味しくない奴ばかりなのは少し残念だが、あっちこっちと顔を突っ込んでいるうちに、ハコフグやブダイやウツボも顔を出してくれた。

P7230792.jpg
トゲアシガニ

P7230799.jpg
ハコフグ

綺麗どころだけでなく見るからにキモイのもいる。葉山なんかだと芯が赤、縁が黄色のニホンウミシダが普通だけど、ワンサイズ大きいオオウミシダがびろ~んと手を広げているのであった。

P7230801.jpg

 途中15分ほど休憩を挟みつつ、オジサンを見つけたり、ゴンズイ玉に遭遇したり、はたまた数匹で風のように現れ風のように去っていったタカベ(写真は撮り損ねた)にコーフンしたりしてるうちに、なんだかんだ言って4時間近く潜ってしまった。

P7230848.jpg
ゴンズイボール

P7230843.jpg
オジサン


そろそろ飯を食ったほうが良いのでこの辺で切り上げることにして、再び公衆便所で着替えてから(海の家使ってやれよ)、エントリーした場所のすぐそばにある磯料理屋で昼食。 すぐ近くに「海女の小屋・与望亭」と「海女の小屋・海上亭」があり、自分は海上亭で食事。 なんでもかつては同じグループだったのだが、現在は関係がないらしい。

P7230871.jpg

たっぷりつみれが入った味噌汁、梅紫蘇クラゲ、地場もの天草から作った寒天とどれもなかなかの味であった。
ここでたっぷり腹を膨らませて帰路に就く。次に来ることがあったらもう一つの方の磯料理屋で食うかなあ・・・






川奈海水浴場 | 伊東観光協会オフィシャルサイト - 伊豆・伊東観光協会

デュアスロン!的な!スノーケリング!2018夏!

肝臓の数値がいま一つよくなく、ちーと絞ったほうが良いので葉山まで走ってスノーケリングすることにした。
とは言っても一番のスノーケリングスポットである芝崎のナチュラルリザーブは工事中でエントリーできないので、一色の小磯の鼻である。前回訪れたときはホンダワラとカジメの森の間をクロダイが悠々と泳ぎまわっていたので少し期待していたのであるが…


思いのほか透明度がよかった割に魚が少なく拍子抜けであった。 海藻の森は消え、その分紫ウニがごろごろしている。 磯焼けという奴だろうか?

P7140737.jpg


何とか捉えられたのはいつものヘビギンポ
P7140752.jpg

何かの群れ
P7140740.jpg


フトヤギ
P7140746.jpg


毎回コロッケだとワンパターンなのでGazeboでフィッシュ&チップスと洒落込もうと思ったのだが、3時を回ってしまい昼休み中であった。
とりあえずクリエイトSDでアイスだけ食べて誤魔化したが、帰りは暑くて力尽きた・・・


P7140754.jpg

ホムセン・ワーキングユニフォーム的アンダーウェアを試す

さて、久々にこのネタ。

近年ワークマンでもアウトドアライン出したり、カジメイクも登山&サイクリング用ウェアを出したりとワークウェアの会社がアウトドア方面の市場開拓というか蚕食に手を出してきているが、その中でも最近もっとも熱いのが藤和のTS Design。
もともとかなりスタイリッシュだったが、今回は明らかに超有名ブランドのヒット商品に似せて出してきた。

オリジナルはこれ。

ミレー ドライナミックメッシュ
MIV01248_0247.jpg




でTS Designはコレ

8050 TS DRY ノースリーブ
Honeyview_1455764016.jpg



大体ネット価格で1000円ちょっと安いので貧乏登山派としてはこっちを選ばない理由はない。
一つ問題があるのが、レビューによると黒及びチャコールはやっすい染料を使っているのかタールくせえらしいこと(この問題はミレーでも同様)。それも数度洗っても落ちないようなので、やや割高になるが白い方を選ぶことにした。

 とりあえずこれが良かったら今後半袖バージョンも試してみようと思う。 
Tigoraのメッシュアンダーも安くて良いと思うんだけど、あっちは背面だけで前面がメッシュじゃないのよね。

梅雨の晴れ間に真鶴へ

ここ数日間だけスカっと晴れ気温も高いようなので急遽思い立って真鶴へ潜りに行くことにした。

2年ぶりの真鶴ははてさて如何に、とその前にバス停の時刻を調べようとしたらまことに困ったことが起きた。
近年の運転手不足のせいか、乗客数が少なくて赤字に耐えかねたのか、岬の先っちょのケープ真鶴まで運航しているバス会社二つのうち箱根登山バス(小田急系列)が今年の4月いっぱいをもってこの路線の運航をやめてしまったのである。

https://cops.ssl-odakyu.jp/www.hakone-tozanbus.co.jp/pdf/20180501-35512-005001.pdf

当然1時間に2本ほどあったバスは伊豆箱根バス(西武系列)の1本になり、山下浜までで引き返してしまい空白の時間帯もある。 電車との乗り継ぎも悪くなるし、何より困るのは、とりあえず三ツ石まで行って波っ気があるようだったら引き返して琴ヶ浜で潜ろう、という手が簡単に使えなくなってしまったことだ。

そんなわけで当初は大人しく、定評のある浜でもあるし琴ヶ浜で潜ろっかなーとも考えたのだが、バスが山下浜を通過したところでベタ凪の海が見えたら即座に気が変わってしまい、里地(琴ヶ浜最寄りのバス停)で降りることなく通過してしまった。 そうしてケープ真鶴に降り立ち、例の250段の階段を下りていくと、やはりスノーケリングにはばっちりの穏やかな海況であった。やりぃ!

P6260646.jpg
波低し

トイレで海パンに着替え、スノーケリングシューズを履き、海岸でウェットスーツを着込みいざエントリ! 大事なのは透明度だがどうか?

・・・なかなかの透明度!夏本番の時よりいくらか澄んでいる感じだ。
そしてソラスズメもずいぶん多めに跳ね回っている。 オヤビッチャやロクセンスズメはいないが、そう何でもかんでも欲張ってはいけないだろう。

Honeyview_P6260656.jpg

 不思議なことにキタマクラが多めで、そのうちの一尾はカメラを向けても逃げないというか、「さあ撮れ」と言わんばかりに自分の周りを泳ぎ回っているのであった。 どんな魚でもいえることだが、フグの類のようなずんぐりむっくりのほうが泳ぎが下手で急加速・急旋回をしないので基本的に写真に収めやすい。 それでも買い換えてからあまり水中で使っていないので慣れていないしピントが同も合わない。 撮れたように見えても陸に上がってPCのディスプレイで見るまではどうか。

P6260676.jpg

P6260673.jpg



 そんなことを気にしつつ泳ぎ回っていたら黄色と黒のだんだら模様の帯がにょろにょろと動いているのが見えた。
ウツボ! 慌てて追いかけ、動きを止めたところでシャッターを切る。 しばらくすると岩と岩の小さな隙間に潜り込んでしまい姿を現してくれなかったが、なんとか収まってくれたろうか。

P6260683.jpg

 そしてサンゴイソギンチャクの群落を見つけここでチャプチャプとたゆとうていたところ、黄色とコバルト色の縞々が!
ここで一番のキレイどころ、キンチャクダイである。 三ツ石に来る目当ての3割ぐらいがこの子なわけで、必死にシャッターチャンスを狙うが、この子もまたすぐ岩陰というか岩の隙間に逃げ込んでしまうのである。 何度もジャックナイフで潜っているうちに酸欠と波酔いでまたゲロを吐きそうになったので、適当なところで切り上げることにした。 3mmのウェットを着ているとはいえ、真夏に比べたら水温は低いので、尿意もすぐやってきてしまうし、体力の落ちたおっさんには中々辛いのである。

P6260704.jpg

P6260705.jpg

P6260706.jpg


着替えてケープ真鶴に戻ったがバスまでだいぶ時間があるので軽食スペースにてソフトクリームをいただく。黒蜜ときな粉、きび餅がトッピングされていて、チョイ高めだがなかなか癖になる味だ。 ここに海鮮料理を食わせる食事処があったころならここで昼食にしたかったのだが、閉店して休憩スペースになってしまったのでここは魚市場のあたりまで戻るしかあるまい。 本当は評判のイタリア料理店で食べたかったのだが、残念ながら今日は定休日なのだった。

Honeyview_P6260714.jpg
400円

 事前にチェックしていたので即売所がお休みなのは知っていたが、かつて朝漁亭があったところとその隣の3軒続きの食堂は今日はみんなシャッターを下ろしており、新しくできた「おさかなカフェ」しか営業していなかった。 新しい店も応援したくはあるのだが、平日の暇な時でないと魚座もなかなか順番待ちがきついので今日は魚座に入る。 時間が遅いせいでおすすめメニューもほとんど売り切れだったが、とりあえず五種の刺身定食があったのでそいつをありがたくいただき、エビ殻でダシをとった味噌汁と一夜干しの素揚げの意外な旨さに喜びつつ今日の締めくくりとした。 ビール飲んじゃえばよかったかな。

P6260720.jpg
うまっ・・・うまっ・・・
プロフィール

piccoli

Author:piccoli
 自転車、釣り、スノーケリングにハイキングとアウトドア遊びばっかしてる不良中年です。 主な出没地域は三浦湘南、真鶴に奥多摩周辺。 

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
リンク
フリーエリア
にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへ にほんブログ村 マリンスポーツブログへ にほんブログ村 マリンスポーツブログ シュノーケリングへ
RSSフィード