FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋の大菩薩

 そろそろ山の葉っぱも色づく頃と大菩薩行きを狙っていたのだが、夏の暑さに続くしつこい長雨のせいかなかなかいい感じに色づいたという報告が来ない。 10月も終わりになってヤマレコを確認しても、まだ一部しか色づいていないというレポが上がっていた。そのレポから一週間、さすがにもう頃合いだろうと出発を決定。朝一のバスに間に合うよう早起きして大菩薩へと向かった。 久々の登山で浮足立っていたのか、よりによって帽子を忘れるという大ポカをしてしまったのだが、気温も低いしまあ大丈夫だろうとそのまま強行。 真夏であれば引き返すか、いつも首に掛けている手拭いを頭に巻くとかしたのだろうが…。

 予定より一本早い電車に乗ったのでバスの出発時刻の1時間近く前に甲斐大和に到着。 土日であればバスの席取りに有利ではあるのだが、平日なのでそこまで早く来る必要もない。 Wifiも入らないし手持無沙汰な時間を過ごすことになってしまった。

PA301182.jpg


 出発時刻にはちょうど普通の席は満杯、折り畳みの補助いすを1つ出すか出さないかという客の入りであった。 車道は土日ほど混んでいないのでスムーズに上日川峠の長衛荘前に到着。ここで水を汲んでトイレと柔軟をして出発するが、何と言うか期待していた葉っぱが美しくない。 紅葉が終わってしまったというか、ちゃんと色づく前に茶色くなってしまったというかそんな感じなのだ。 自分んちの近所の生田緑地や向ケ丘遊園跡のバラ園やでは台風に載ってはるばる運ばれていた塩っ気のある水の影響で葉っぱが茶色くなってしまったのだが、見た感じがそれに似ている。 大菩薩まで塩水が飛んでくるわけはないから、秋の長雨の後急に気温が下がったことで色づく間もなく葉が枯れてしまったのだろう。でなければ先週の時点で色づいていないのがこんなに早く見ごろが終わってしまうわけがない。

PA301186.jpg


 紅葉がいまいちなのは残念だが、ここには澄んだ空気がある。 朝のひんやりした空気を楽しむように大菩薩峠へ歩を進める。  空気は冬がもうすぐそこまで来ているようなひんやり加減で、その分靄も少なく富士山もくっきり見える。 気分よく進んでいくと、勝縁荘の手前あたりでコロンと鹿の頭蓋骨が転がっていたりでやはりここは山の中なのだなと再確認させられる。 手に取ってみると首の骨が繋がっており、ほんのちょっとだけ腐った肉がついていた。ヒャー。

Honeyview_PA301192.jpg


PA301188.jpg


 バスで多数降りていた人たちは唐松尾根から登っていたのか、同じバスに乗っていた中では比較的に足が速かったのか、峠にはまだあまり人気が無かった。 雲一つない空に大展望と大菩薩の魅力古バースト状態であるが、風が強い。 もとより今日はかなり気温が低めなので、長袖アンダーとジップアップシャツではだけでは少し寒い。これまで大体この辺まで登って来る頃には日も高くなって気温も高くなり、かなり気持ちイイ陽気に感じられるのだが、今日は風でどんどん体温が奪われる感じである。 突っ立っていると寒いので景色を眺めるのもそこそこに行動を再開。 

PA301198.jpg

PA301201.jpg

 寒いなぁ、そろそろヤッケでも出すかなぁと歩きながら思案していると、親不知の頭の手前で年配の男性に声をかけられた。なんでも山登りは二回目、大菩薩も不案内ででちょっと不安なので途中まで同行してほしいとのこと。断る理由はないので快諾すると、カメラを提げたその男性は毎日新聞の甲府支局の記者さんと名乗った。 なんでもこの夏仕事でいきなり富士山の取材にやらされて登る羽目になったが、せっかくの山梨勤務なので紙面用の写真を撮りがてらもう一個ぐらいどっか登ろうとやってきたとのことだった。
ウェアはパイネ(ICIオリジナルのブランド)でキメており、とても思い付きでやってきた初心者のようには見えなかったが、それなら納得である。 まあ富士山で高山病にもかからず登頂&無事下山できたのなら大菩薩は恐れるに足りずとは思うのだが・・・。

 とりあえずこの記者さんと共に親不知の頭、賽の河原と進んでいく。日差しが強いおかげでギリギリヤッケなしでもいけたが、稜線はやはり風があってキツイ感じになってきたのでヤッケを着用。ワークマンのペナペナヤッケだがこの一枚だけでだいぶ違うのだ。 

PA301209.jpg

PA301215.jpg

PA301221.jpg


記者さんのペースに合わせて自分もパシャパシャやりながら進み、雷岩に到着。 本来ならここで茶の一杯でもやりたいところだが、丸川峠でお茶にする予定なのでそのまま山頂へ進む。 山頂は展望の効かないがっかりピークであることを教えてはおいたが、記者さんは到着するとやはり「ああ、こりゃ確かに・・・」と得心が行ったようだった。

PA301224.jpg

PA301226.jpg

PA301234.jpg

続きを読む

スポンサーサイト

数か月ぶりに遠乗り

9月から10月にかけて悪天候続き(しかも自分が休みの日に限って)で海も山も自転車もろくに出かけられなかった。
そんなわけでようやく晴れたので久々に湘南まで。 本当は輪行で伊東まで行って、そっから石廊崎まで走るつもりだったのだが、出発前日に駅の駐輪場に停めた自転車のワイヤーキーがイカれてしまい、翌日改めて取りに行かざるを得なくなったため行先を変更したのだ。

何度も走った道だけど、やはり天気が良いと気分が違う。

PA221158.jpg

PA221165.jpg

今回は鼻緒がついにぶっちぎれたギョサン二つを葉山釣具センターで、ちりめんじゃこを腰越の勘浜水産でとちょいちょいお買い物があった。 概ね目当てのものが手に入ったのでまあ満足だったが、帰りの境川サイクリングロードで柿をもいでたおっさんと長話してすっかり暗くなってしまったのがちょっと誤算。

酷い濁りと、たくさんの魚と、謎の体調不良in真鶴

 そろそろ台風の後のうねりも収まって濁りも抜けるだろうと予想して、真鶴にスノーケリングへ出かけた。
バスの本数に不安があるので琴ヶ浜に決めていたのだが、、駅に降り立ったのは10時ちょうどごろ。 ケープ真鶴行きのバスは10時25分までないため、ヤケクソで歩いていくことにした。 大体30分ぐらいで琴ヶ浜に着くのでバスを待つのと大差ないのである。


炎天下汗みずくになりながらようやく琴ヶ浜に到着。ウェットスーツ(3mmスプリング)を着用し、露出部分にクラゲよけを塗って出発しようとしたら腹筋が攣ってしまって悶絶。 しばらくしたら収まったが、これが後の悲劇の前奏だとはこの時は思いもしなかった。

天気もいいしベタ凪だしこれは期待できるな、と思ったのだが、妙に濁っている・・・というか黄色っぽい浮遊物が多い。水面には木くずというかおが屑というか、粉のようなものが一面に浮いている。 台風で海に流された流木が波で削れたりなんだりしたのが吹き寄せられたのか、これではどうしようもない。 少し潜ると多少は澄んででいるのだが、上から見えないのでは目標も絞れずどうしようもない。 当初は噂に聞くイソギンチャク畑を探そうと思ったのだが、とても無理なので魚の多いサザエ根に絞ることにした。

P8271036.jpg


 サザエ根は期待通り魚が多く、特にソラスズメは過去最多レベルといっても過言ではない。 今日は海底に落ちてるゴミがあったら回収しようと100均で買った小さめの洗濯ネットに紐を通しぶら下げているのだが、1年以上前に消費期限が切れたギョニソーがあったので餌付けにでも使おうとこのネットに放り込んでいた。で、この匂いが魚を引き付けるのか(水中では匂いと味が同時に溶け込んでいるのと、魚は匂いに非常に敏感)、ものすごくスズメダイに付きまとわれるんである。 濁った水の中で餌で釣って魚にたかられるというのは田中角栄よっしゃよっしゃというか、金権政治家になったようでなかなか邪な快感だ。 


P8271056.jpg

P8271059.jpg
キンギョハナダイ

P8271072.jpg

P8271075.jpg

P8271079.jpg
ヨロイイソギンチャクと海酸漿

そんな邪な目で見ても魚は魚。今日はこれまで目にしたことない、オレンジ色の鮮やかなキンギョハナダイが元気よく泳ぎまわっているのだった。6月末の三ツ石ではあまり見られなかったオヤビッチャも普通に目にすることができ、トロピカル気分はなかなか。
結局ここが一番楽しめるのでここで魚と戯れ続けていたが、この魚の量でもうと透明度が高かったらなーと思わずにはいられない。 今日はウェットも着ているし、濁りさえなければサザエ根のドロップオフももうちょっと攻められそうだったのだが・・・。

P8271081.jpg
でっかく育ったフトヤギ

二時間ほど潜ったところで今日は夕方から雨の予報なのを思い出し、切り上げることにした。 帰りがけにかわいいカエル魚を写真に収め、良いオマケをもらった気分になって陸へ上がる。そそくさと着替えをすまし、昼飯のために漁協方面へ歩を進めた。
いつも魚座では芸がないし、と言っても朝漁亭はしまったので今日は別のとこ!と決めており、漁協直売所の並びにあるおさかなカフェ「MARUMI」に決定。 ここも小さいカウンターとテーブル席が3つほどあるだけの小さなお店だ。

ここはやはり地魚の刺身盛定食を食わねばなるまい。 アジ、しめ鯖、ワラサ、ムツ、鯛、イカの六点盛にカニでとったダシの味噌汁と大満足であった。

ここで腹いっぱいに食い、ゆったりと歩きながら真鶴駅に戻ったのだが、あまりのクソ暑さと鉛の錘が入って重さマシマシのザックに体力を奪われ、熱中症気味になってしまった。 真鶴の地域情報センターみたいなところでWifiが使えるので涼みがてら休憩しようと思ったのだが、定休日で閉館中。これでどっと追い打ちの疲労が来てしまった。 フラフラになりながらようやく真鶴駅に着いたのだが、ここで第一の異変がおきた。 わき腹や首回り、脇の下あたりが猛烈なかゆみが起き始めた。当初はチンクイかと思ったのだが、ウェットスーツは着ていたし、なんかおかしい。

 とりあえず疑問も宙づりに電車に乗り、小田原で小田急に乗り換えた。 いったんかゆみは収まり、電車の中では早々に寝落ちしたのだが、本厚木のあたりでふと目が覚めたら何やら腹のあたりがゴロゴロ。胸のむかつきもある。これはいかんということで愛甲石田で下車しトイレに駆け込んだのだが、出すもの出してすっきりしたのに腹の痛みは凄まじいものになりトイレの個室で七転八倒。意識も薄れてきたので隣の個室にいるらしき人に声をかけて助けを呼び(ここのトイレには緊急通報ボタンがない)、結局救急車で搬送されることになってしまった。
 
 出すものを出したら水下痢の垂れ流しのようなことにはならず、ゲロも出ないため食中毒とは違う。魚や甲殻類、イカの類にアレルギーはないし、いったい何だろうかと思いつつ、点滴一本打たれただけで入院加療の必要なしと病院を出され、釈然としない気持ちで帰宅の途に就いたのだが、あれはいったい何だったのか。

 なんとなく似ている症状を探すとアニサキス症なのだが、内視鏡で摘出しないで点滴(抗アレルギー薬を入れたらしい)射っただけでおさまってしまったし、果たしてその見立ても正しいのかどうか。 ちなみにアニサキス症は胃壁を食い破られることよりも寄生虫が分泌する物質によるアレルギー反応で痛みやその他の症状が出るのっで、抗アレルギー薬が非常に効果的という話でもあるらしいのだが・・・。

・食ってから30分ぐらいで蕁麻疹
・1時間半ぐらいで腹の激痛、下痢、吐き気、滝のような脂汗


これがアニサキスの症状でもあるのか、詳しい人教えて。


35年ぶりの浜諸磯

最初は真鶴に潜りに行こうと考えていたのだが、小笠原の南方に台風がいるのでなんとなくうねりが心配になり中止。
(琴ヶ浜は北向きだからそれほど心配しなくていいのだが)
第二候補として考えていた三浦半島一周に予定を変更した。

いつもと同じルートではチョイマンネリなので、ちょこっと足を延ばして大浦や浜諸磯など、シュノーケリングスポットとして使えそうな場所の下見もかねて立ち寄ることにする。

 関内を過ぎたあたりでフラットペダルで好調に流す兄ちゃんとペースとルートが合ったため、金沢八景あたりまで引いてもらい、こちらは津久井浜まで良いペース引く。日差しはきついが気温はそれほどでもなく、追い風に乗っているので快適だ。 コンビニ休憩のところで別れそれぞれのルートに進んだのだが、ここで緊張感が途切れたか、よそ見をしていてガードパイプに寄ってしまい腕をこすってアームカバーに盛大な穴をあけてしまった。ナンテコッタイ。

P8180992.jpg


 気を取り直してまずは大浦へ向かう。 畑の中の道を進んでいくと小さな駐車場が現れ、さらに階段のある小道を下りていくと「日本の正しい小さな海水浴場」が現れた。 背後は森に囲まれているため、本当に秘密のプライベートビーチといった様相で、なかなか素敵なところだった。 こんなところでもしっかり昔ながらの海の家があるのである。ブイに囲まれた遊泳区域はかなり小さそうだが、海水浴シーズンが終われば磯の方にも好きなだけ入っていけそうである。

P8180994.jpg

この後訪れた剱崎~江奈~盗人狩~宮川公園あたりまではまあ問題なく行けたのだが、問題は浜諸磯であった。 最近は良い小判(A5)の地図もないし、いい加減スマホ慣れしようとスマホのGoogleMapで現在地を確認しながら進んだのだが、これはある程度拡大しないと跨道橋が表示されず、フツーの交差点というかつながっている道に見えてしまうのである。 そのため何度も道に行き詰まったり大回りしたりでなかなかたどり着けず、おそらく1時間以上無駄なタイムロスをしてしまった。

P8180996.jpg

P8181011.jpg

P8181013.jpg

農道に入っては跨線橋の上に出てしまい後戻り、油壷マリーナまでやってきてもなかなか浜諸磯に至る道に入れずあっちへウロウロ、こっちにウロウロし、ようやく浜諸磯前の新明神社にたどり着いた時には3時を回ってしまった。

P8181016.jpg

P8181019.jpg

 ようやくたどり着いた浜諸磯は8月終盤の土曜日ということもあってか家族連れが多く、あちらこちらにテントやサンシェードが張られ、BBQの香ばしい煙が漂う空間になっていた。前回来たのは小学校5年生の時、移動教室でだったが、我々以外だーれもいなかった記憶がある。そのためイメージと真逆の雰囲気ではあるが、何となくオブジェ然とした灯台や周囲も緑あふれる海岸ということは昔と変わりなく、とりあえずな平日に来たらそれは静かで居心地が良いだろうことは容易に想像がつく。


P8181030.jpg

とりあえずこれで今日の目的は果たしたわけだが、片瀬江ノ島から輪行ではなく鎌倉から横浜経由で自走することにしたのでこの後もかなりの距離を走らねばならぬのだった。 

 横浜の四川料理屋で激辛麺を食って(半分しか食えず残りは持ち帰り)補給したものの、膝の痛みも出てママチャリのようなペースに落ち込んで這う這うの体で帰宅したのであった。


解禁初日の芝崎ナチュラルリザーブへ

防波堤の補強工事のため長らく閉鎖中だった芝崎のナチュラルリザーブが本日より解禁!
さっそく行ってきた

残念ながら結構な濁りの上ウミウシちゃんには会えなかったが、そこそこ楽しめた。
一尾だけだがはぐれツノダシに遭えたのは収穫

P8010873.jpg
ピッカピカの改修防波堤+階段入り口

P8010876.jpg
一応ソラスズメがいる

P8010880.jpg
オジサンの群れ

P8010901.jpg

P8010905.jpg
クロダイ 光の加減で水中ではちゃんとピントが合ってるかわからない・・・

P8010921.jpg
コケギンポ 顕微鏡モードを使ってみた

P8010928.jpg
イシダイ&キュウセン
プロフィール

piccoli

Author:piccoli
 自転車、釣り、スノーケリングにハイキングとアウトドア遊びばっかしてる不良中年です。 主な出没地域は三浦湘南、真鶴に奥多摩周辺。 

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
リンク
フリーエリア
にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへ にほんブログ村 マリンスポーツブログへ にほんブログ村 マリンスポーツブログ シュノーケリングへ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。